エリア情報

TOP > 「島崎藤村」縁の坂~鼠坂~

港区のエリア情報をご紹介します。

「島崎藤村」縁の坂~鼠坂~2014/2/25up

『鼠坂(ねずみざか)』。小説がお好きな方は聞いたことがあるのではないでしょうか?
麻布にある、島崎藤村の短編小説『嵐』の舞台の一つとなっている坂でございます。
坂の名称は「ネズミしか通れない細長い坂」が由来となっておりますが、
昭和50年代に拡幅工事が行われ、名称の由来の狭さは解消されております。

島崎藤村は学者として最も充実した47才から65才(大正7年〔1918〕~昭和11年〔1936〕)までの
18年間、鼠坂近く(現在の麻布台)に住んでいました。
今はマンションが建ち並び島崎藤村が住んでいた頃と街並みは変わりましたが、
島崎藤村旧居跡には記念碑が設けられております。
何も知らないと通り過ぎてしまうくらいひっそりと佇んでおりますが、
文学の巨匠が住んでいたと考えると感慨深いものがあります。

鼠坂の位置するエリアは港区でマンション建設が進んでいる地区の一つです。
新築マンション巡りと一緒に、坂巡りも是非お楽しみください。




この記事の近くのマンションはこちら

※取り扱い間取りとは、そのマンションで賃貸物件として取り扱っている間取りタイプを指します。実際に空室がないタイプもございますので、ご了承ください。

Information Map 周辺情報

募集中 空室なし スーパー コンビニ 銀行 その他

港区のお部屋探しなら三井の賃貸レジデントファースト 当サイトに掲載している物件以外にもお客さまのご希望の物件をお探しします。お気軽に下記よりお問い合わせください。 お電話でのお問い合わせ 0120-321-719

WEBからのお問い合わせ

トップページへ戻る

PAGE TOP